デニムラバーが魅せる私たちのリアルデニムコーデ

永遠の定番として、欠かすことのできないデニム。今回は、普段からあらゆるシーンでデニムを取り入れているという屈指のデニムラバー5名に、自身のお気に入り&私物アイテムをミックスしたリアルコーデを披露してもらいました♡ぜひ、この夏の参考にして!

絶妙な抜け感が今っぽいロールアップもいい味に!

ブラックストレートデニムは、身長に合わせて裾をロールアップ。トップスと足元で程良く透け感を取り入れることで、モノトーンながら春らしさたっぷりに。さらにピンクのバッグとアクセをプラスして、フェミニンムードへと華麗にアップデート。

春夏にマストな白もワードローブに

切りっぱなしの裾など、デザイン性が光るホワイトフレアを主役に。ジャケットの丈感ともジャストミート。色遊びで大人らしさも◎。

ボーイッシュデニムは甘めにハズして

ゆったりシルエットのサロペットが今の気分。パフスリーヴのリネントップスを組み合わせて、カジュアルになりすぎないようバランス調整!

ダンサブルなスキニーデニムで美脚見せ!

パワフルなパフォーマンスで鍛え上げられたというメリハリボディでこなすスキニーデニムは、これでもかというくらいお似合い♡アニマル柄のブーツとギャザー入りのトップスを合わせて、ほんのりウエスタンな装いに。

今季はほんのり色づいたカラーデニムを投入!

ケミカル加工の上から、さらに色染めすることでグリーンカラーをさり気に帯びた、独特な風合いがイチ押し。オレンジのクロップドスウェットともケミストリーはばっちり!

今にも踊り出したくなるグルーヴィなダメージ

クラッシュデニムは、90sライクなリラックス感あるデザインが今時。白タンクで抜けを作りながら、上下をトレンドのアースカラーでまとめれば、キュートなサファリルックの完成!

あらゆるバリエもTakiにかかればお手のモノ!

サイドがレースになったワイドデニムは、トレンドの異素材ドッキング。シアー感のあるトップスを加えて、ロマンティックな世界観に

高感度なセンスで放つ大人キレイなテク

ウエスト周りはハイライズのジャストフィット、膝から裾にかけて大きく広がった美シルエットのバギーデニムには、ショート丈のトレンチ風ジャケットを掛け合わせ、レトロとモダンを見事に融合!

計算し尽くされた高見せミックス

ブランド定番人気の“MVSフレア”より、インディゴ色の強いワンウォッシュタイプをチョイス。女性らしいシャツの上から、カーキの開襟シャツを重ねるという合わせ技はぜひ真似してみて。

ヴィヴィッドカラーと重ね技テクで魅せて

ストンと落ちたストレートラインのプレーンブラックジーンズは、鮮やかなテーラードでかっちりと決めて。ジャケットの下には、シャツとTシャツのダブルレイヤードで色柄差し。ここでベースボールキャップを加えるのが上級者ならでは。

カジュアルとは対照的なトップスが狙い目

ブラウスとの組み合わせが好きだというKojimaさん。ここでは、ラッフルが愛らしいチェック柄シャツをウエストイン。デニムのゆるめシルエットやヴィンテージ感も◎。

デニムonデニムは気負わず、が正解

同系色のフレアデニム×Gジャンでセットアップ仕様に。ジャケットの背面には、鮮やかなグラフィックが施され、フロントとは印象がガラリと変化!

オールホワイトで醸すナチュラルな春らしさ

春らしいアイボリーのテーパードデニムには、とろみのあるリラックスシャツを合わせて、大人の余裕を演出。足元までホワイトでまとめ、モードな装いに。

カッコよく決めたい日は迷わず上下インディゴ

ハリ感のある濃紺のテーパードデニムを、同シリーズのシャツと合わせセットアップに。シンプルなアイテム使いながら、存在感は抜群。

デニムで叶える旬なモダンヒッピー

ライトブルーのフレアが主役。ビッグシルエットのホワイトトップスや小物使いで、70sのヒッピーライクなデニムスタイルを実現。

足し引きバランスでクールエレガントに

スリット入りのデニムは肌が見える分、ジャケットでかっちりと決めるのがベター。フロントから覗くTシャツのグラフィックもインパクトたっぷり。

RECOMMEND

MORE

SHEL'MAG NEW POST

MORE