【AVAN LILY】コンプレックスは上手に隠して、好感度を上げにいく♡羽織りコーデ3選

薄着になるにつれて、私たちを悩ませる『体形問題』。二の腕やウエストなど、気になるコンプレックスは上手にスタイリングやアイテムでカバーしたいところ。

でも、いかにも‘‘隠してる感’’は避けたい部分…。この時季、羽織りものを上手に活用したスタイリングのコツで、夏の着やせが叶う、基本的3テクをおさらい!

あえて露出を抑えた清楚な印象で、好感度を上げちゃいましょ♡

【テク①】 Iラインを意識してすっきり♡

異なるカラーの組み合わせでも、全体的にIラインのバランスを意識するだけで、すっきりとしたシルエットに。羽織りものから、ワンピース・パンツと同じラインでレイヤードすれば、ボディラインを拾わず目眩まし効果が!

足元はボリューム感がありつつも、肌の露出度が高いサンダルを合わせて抜け感を出して。

すっきりとした衿元が、ホワイトカラーと相まって爽やかな印象に。ウエスト部分を絞った着方も雰囲気が変わって◎。

 

【テク②】 ワントーンの色使いで脚長効果♡

おしゃれ見えするワントーンコーデ。同じトーンのカラー内で、最もダークカラーを上半身へコンパクトに置くことで、視線が上に向き脚長効果が。

袖元はまくり、手首や腕の肌感を出す事で女性らしく、ブラウンカラーの重さも軽減される。

肌馴染みが良く、とろみのあるシャツは、メンズライクな開襟デザインがポイント。あえて甘めテイストなアイテムと合わせて甘辛ミックスを楽しんで。

 

【テク③】 フレアスリーブを選んでほっそり♡

ひらひらした袖がフェミニン度と、清涼感を与えてくれるフレアスリーブ。たっぷりと寄せられたギャザーから広がる袖と少し長めの丈のおかげで、しっかり気になる二の腕をカバー。

ノーカラーのVネックだから顔周りもすっきり見せてくれる嬉しいデザイン。

上品な印象を与える、シフォンのテールラインスカートに、あえてカーキを投入してカジュアルダウン。甘めなデザインの組み合わせには、色使いでバランスを取ってみて。

他にもコンプレックスを隠しつつ、好感度が上がる羽織りアイテムはこれ♡

RECOMMEND

  • 関連アイテムはまだありません。

MORE

SHEL'MAG NEW POST

MORE